Powerpoint

パワポの年賀状づくりはテンプレートで30分!自分らしいものを作ろう

Powerpointでもテンプレートを使えば30分でオンリーワンの年賀状が作れる
この記事で解決できる悩み

・年賀状を簡単に作りたいが、あまり手間をかけたくない

・パワポ(Powerpoint)での年賀状の作り方を知りたい

・すでに用意されたテンプレートをカスタマイズして個性を出したい

ぴんきー
ぴんきー
家族の年賀状も毎年パワポで作っているわたしがこの悩みを解決するよ!

この記事では年賀状を作る今の時期にもっと簡単に!それでもオンリーワンの年賀状をパワポで作る方法を紹介しちゃいます。

気に入ったテンプレートをカスタマイズするだけなので、だれでも30分ほどでできるはずです。

自慢できる自分だけの年賀状ができますよ!

 

Microsoftの公式ホームページには年賀状のテンプレートが100種類以上

Microsoftの公式ホームページには年賀状のテンプレートが100種類以上まず結論から言うと、あまり手間をかけずに簡単に年賀状を作り、それでいてオリジナリティも出したい!というちょっと欲張りな人にはパワポ(Powerpoint)のテンプレートを使った年賀状作成をお勧めします!

パワポだけでも100種類以上のテンプレがあるので、それだけでも迷っちゃいますよね。

でも、それだけあるのでありきたりな年賀状からはサヨナラ!できます。

それでは、テンプレートを見ていきましょう!

 

好みのテンプレートをダウンロードする

先ほど紹介したテンプレートはMicrosoftの公式年賀状テンプレートからダウンロードすることができます。

まずは、お好みのテンプレートをダウンロードしてみましょう!“カジュアル”、“フォーマル”、“和風”、“シンプル”の4つのテイストの中から好きなものを選ぶことができますよ。

ぴんきー
ぴんきー
私はこの丑・和柄・市松模様のカラフルでモダンなテンプレを選んでみました!
選んだテンプレート(市松模様)

 

ダウンロードしたテンプレートを開いてみる

パソコンにダウンロードしたテンプレートは、エクスプローラーの“ダウンロード”に保存されています。

デスクトップのフォルダーアイコンをクリックすると、ファイルエクスプローラーが起動します。

左の一覧にPCというマークがあり、その下にダウンロードという項目があるのでそこをクリックしてみましょう。

保存したテンプレートの場所

そうすると右側の領域に今ダウンロードしたパワポのテンプレートが保存されているはずです!

これをダブルクリックすればそのままパワポが起動されますよ。

 

テンプレートを選んだら、カスタマイズしてみよう

テンプレートを選んだら、カスタマイズしてみようパワポのテンプレートが開けたところで、さっそくカスタマイズに入っていきましょう。

Office365ユーザーならあまり気にしなくても良いかもしれませんが、それ以外の方はこの時点でファイルに名前を付けて保存(Shift+Ctrl+S)しておきましょう。

テンプレートにもよりますが、大体のテンプレートにおいて、自分の好きな画像を選ぶと枠の中にきれいに収まるようにプレースホルダーという枠が設定されています。

今回の私が選んだパワポも、写真を入れる3つの丸のところがプレースホルダーになっていました。

プレースホルダーの位置

写真を選ぶと、今仮で入っている写真のように丸く切り取られるようになります。

ぴんきー
ぴんきー
それじゃぁカスタマイズを始めてみよう!

まずは写真の挿入からです。

 

写真を追加・変更してみる(トリミングで最適化)

プレースホルダーになっている図の写真のマークをクリックするとそのエリアに挿入したい写真や画像を選ぶことができます。

図を選択しよう今回は自分の描いたぴんきーの絵を選んでみます。

きれいに選べました!

もし、うまくできなかった場合は、以下の注意点のようになっていませんか?

  1. 写真がはみ出たり、表示されてほしいところが隠れている
  2. 挿入した写真の背景が無い、または透過した時、テンプレートの見本の絵が背景として表示されてしまった

大丈夫です。

①の場合は、トリミング範囲を変更することで解決できます。

トリミングをするには、挿入した図を右クリックし、出てきたメニューからトリミングを選びましょう!

②の場合は、右クリックして出てきたメニューから”図の書式設定”を選び、塗りつぶしを”なし”から”単色”に変更して好きな色を選んでみましょう!テンプレの挿絵は消え、選んだ色で背景が塗りつぶされているはずです。

塗りつぶし(単色)

これで、思い通りの写真を設定できましたね!

ちなみに、別の写真に変更したくなった場合は、図を右クリックすれば、”図の変更”という項目があるので、それを選んでみてくださいね。

写真の背景をなくしたい場合は、Powerpointの背景透過が便利すぎる!5つの活用法でオシャレな画像を作るべしを参考にしてみてくださいね。

 

イラストを追加・変更してみる(イラストACがおススメ)

テンプレートには、すでにイラストが複数入っています。干支のイラストや、キンガ、シンネン、市松模様などの部分がそうですね。

挿入されているイラスト

もちろん、このまま利用しても問題はありませんが、イラストを追加したり変更したりしてオリジナリティを出しても良いと思います。先ほどテンプレートをダウンロードしたMicrosoftの公式サイトから、年賀状の素材もダウンロードすることができます。

他におすすめしたいのは、イラストダウンロードサイト【イラストAC】
というサイトです。会員登録するだけで、無料で素材をダウンロードできます。

種類も豊富なのでぜひ試してみてくださいね。

ぴんきー
ぴんきー
ちなみに私もイラストACからイラストをダウンロードして気に入ったものに変更しましたよ!

挿入方法は簡単です。画面上部にある挿入タブから>画像>このデバイス...(D)を選ぶとPC上に保存されているイラストや画像を挿入できます。

イラストの縦横比を変えずに大きさを変更するには、Shiftを押しながらサイズ変更をしましょう!

満足いくまでイラストを入れたり、変えたりしてみてくださいね!

 

文字を追加・変更してみる

最後に文字ですね。文字は、テンプレートに挿入されているものがあれば、それを編集するだけでも構いません。

テンプレートの文字部分

編集するのは簡単で、文字のところを選択して、好きに文字を打つだけです!

もしカッコいい文字を入力したければ、ワードアートを利用してみてもいいですね。

ワードアートは、挿入タブの右側の方にあります。ワードアート

 

私が実践しているオシャレな年賀状にする工夫は3つ

ある程度カスタマイズできたところで、私が実践しているオシャレな年賀状にするための工夫を3つお伝えします。

*写真の背景をぬく、または図形の形に合うような写真を用意する

*図やイラストは使いすぎず、大きさや配置のバランスをとる(揃える)

*文字は大きくみやすくシンプルに

この3つを実践すれば、自分らしいオシャレな年賀状ができあがりますよ!

テンプレートを使ってばっちり年賀状を作れるようになってもし物足りないと感じたら、1からオリジナル年賀状を作ってみましょう!

詳しくは別記事にて解説予定です。お楽しみに!

まとめ

今回はパワポのテンプレートを利用した年賀状のカスタマイズ方法をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ぜひ、テンプレートをダウンロードしてあなたらしい年賀状を作ってみてくださいね!

ABOUT ME
かぴ
かぴ
管理人のかぴです。 パソコンを毎日利用する社会人になり、どうにかして効率化できないかともやもやすることも。 少しでも同じような人が減っていくようサイトを立ち上げました。 参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です